暮し役立ち情報サイト | 遺品整理 ゴミ屋敷 業者見分け方

遺品整理 の 今


遺品整理

遺品整理 の 今

遺品整理、と言われ、皆様どんなことを思い出されるでしょうか? お葬式のあとから四十九日くらいまでにやる、片付けのこと? なんて思い出す方は、すでにどなたかを見送った経験をお持ちなのではないかと思います。そうした経験のない方であっても、テレビの特集やドラマなどの「遺品整理業」を、思い浮かべられるかもしれません。 遺品整理 とは、故人の持ち物であった、品物を整理して片付けることです。 遺品はいわゆる遺産の内でも動産など物品全般を指しますが、生前に使用していた生活雑貨や衣類・家具・家電製品などの古物としては財産価値の薄い物品も含まれます。 故人の遺品を遺族で分け合うことを形見分けと呼び、急な出来事の場合、あるいは借家や賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような場合は、葬儀などの法事が終わってから、直ちに遺品整理・処分にかかることが多い。 少し前までは通夜から葬儀、四十九日や納骨、といった、一連の「亡くなった方への供養」の中に、「形見分け」というかたちで含まれていました。
遺品整理
厳密に時期が決まっていたわけではありませんが、誰かが亡くなったあとに遺されたものの中から、思い出の品や、ゆかりのある品などを、身内や、お世話になった人へ贈るという慣習があったのです。今でも故人に対する供養の一つとして、残されている地域もあります。 ここ数年、こうした「遺品整理」のあり方は大きく変わってきています。少子高齢化・核家族化を背景に、独居老人の孤独死が社会問題化し、離婚の増加、共働 きの一般化、単身赴任や独居老人の増加など、家庭のあり方が変化していく一方で、生活そのものが豊かになって、昔よりもたくさんのモノを持つようになった ことなど、遺品整理そのものが残された遺族の負担になっている様子がうかがわれるようになりました。 とはいえ、廃棄されるゴミとして遺品を扱うことに抵抗がある遺族も少なくない様子も見られ、持ち家などでは故人の生活家財一切合財ごと不動産税を支払い続 ける人もおり、地方農村部や地方都市・古い住宅街では、そのようにして親族などで管理されている無人の家というのもしばしば見られる。ただ、無人の家は手 入れする者が居ないことで傷みが早まる傾向もあり、遺族が生活にひと段落付く法要のあとに整理業者に整理・廃棄を依頼するケースも近年増加しています。 現状では、血縁があっても、疎遠な関係の実の親子や、近隣に身内の全くいない場所で亡くなる高齢者など、昔では考えにくい状況が起こるようになってきています。「遺品整理」といっても、決して簡単なことではなくなるようになっているのです。

遺品整理

 

遺品整理 にかかる時間的な制約も以前よりも厳しいものになってきています。

住宅環境に対する考え方も変わってきていて、以前であれば、親が老いたら住むための部屋を確保するのが当たり前とされてきました。しかし、住宅価格の高騰 により、とてもそんな余裕が無くなってしまっています。。都会型の住宅環境では、昔ながらのコミュニティーが育ちにくく、「となりの住人の顔を見たことも ない」という人さえもいます。 そんな中、独居されている方が亡くなった場合、家主から「なるべく早く、片付けて明け渡して欲しい。」といった要望が出されることも、珍しくありません。 貸している側としては、当然の要求でもあり、「誰が後始末をつけてくれるのか?」という不安もあるのでしょうが、遺族の方としては複雑です。 人が亡くなった悲しみさめきらない中、後片付けに着手しようにも何から始めていいかも分からないのに、「住宅事情で、呆然としている時間さえ取れない」という悲しい現実もあります。 また、以前は遺品整理の担い手であった女性が、職を持って働くようになったため、「仕事を休んで遺品整理は難しい、とは言っても、遺品をひとまず預かってもらう場所もない。」という状況も今では珍しくないようです。 こうした社会事情の変化にともなって、最近は、「遺品整理を専門家に任せる」という形が、次第に定着してきています。 「遺品整理」は、これまでの「形見分け」から進化した、新しい供養の形とも言えるかもしれません。  

遺品整理業者 の見分け方


遺品整理業者見分け方

遺品整理業者 の見分け方

遺品整理業者 は、現在、公的な資格制度などがあるものではないので、ほとんどの業者さんは、メインとなる事業と並行して「遺品整理業もやっています」という状態で営業しています。そのため、本業の業種に影響されてか、個々の業者さんごとに、異なる性質があるようです。
64dd8af5168a70e5ed593e00f5e2fe99_m
遺品整理業を手がけている業者さんの本業は、
    • 引越し業(運送業)
    • 便利屋
    • 葬儀屋
    • 不用品買取業
    • 廃棄物処理業
などが多いようです。   業務としての明確な基準がないため、これらの本業の傍ら、遺品整理 も行っている業者さんは、遺品整理 というよりは本業に近い方法で遺品整理 を行っている場合も少なくない気がします。 例えば、物凄いスピードで、遺品の箱詰めを済ませて、そそくさと車に積み込んで行ってしまった、なんていう業者さんは、引越業や、運送業が本業だったりしま すし、荒っぽいやり方で荷物を扱い、投げ込むように車に積み込んでいた、という業者さんは、不用品回収業者だったりする可能性があるわけです。 こうした業者さん同士が相互にお仕事を提供し合って、遺品整理にあたっている場合もありますから、ひとつの現場で2つ以上の事業者が動いている場合もあります。 そこで大事になるのが、業者さん選びです。 cleaning01 ihin01 遺品整理 とは、不用品を片付けるものではなく、故人の思い出、形見であるわけですから遺品整理業に従事するスタッフは「片付ける」というよりも御家族、故人 様の思い入れを「整頓し、明確にする」という認識を強く持っていなければなりません。 人は皆、人生多くの出会いや別れを繰り返して生きていきます。遺品整理業の専門会社へ遺物のお片付けを希望する方々も本心は戸惑いの気持ちがある人々がほ とんどです。ですが1つの区切りとして遺品整理業サービスを利用する時、故人と深い関わりがあった人々が始めて一歩前に進めるのです。 皆、忘れなければならない。という気持ちがありながら、誰かに手を借りるなど、何かきっかけがないとなかなか自分の気持ちに折り合いがつかないものです。 様々な人生の場面で、遺品整理業サービスを利用することによって人は何らかの区切りをつけていかなければならないのです。 近頃は、この遺品整理業サービスへの依頼を自分が生きている内に行う方も増えています。残されたものが心の整頓をするためだけでなく、自分自身の気持ちの 整頓をする方法として行う方もいるようです。 遺品整理業サービス。それは単なる作業としでではなく人生の重要な場面での活路を見出す行事のひとつとも言えるかもしれません。 a0100_000031_m ポイント

必要な許可はとっているのか?

粗大ごみなどゴミを処分・運搬することができるのは、廃棄物の収集運搬許可をもった許可業者しかできません。 一般廃棄物収集運搬と産業廃棄物収集運搬の許可が必要です。 特に一般廃棄物収集運搬の許可を持たずに、 堂々と「許認可」であると間違った告知をした遺品整理業者には注意が必要です。 自社でこれらの収集運搬許可を所持していない場合には、一般廃棄物収集運搬と産業廃棄物収集運搬の許可を得た収集運搬業者に委託しなければなりません。

安さだけが売り?

とにかく安さだけを主張する業者がいます。しかし中には処分場まで荷物を運ばずに不法投棄をしている業者や他府県・他市に持っていき処理している業者もいます。あまりに安すぎては適正処分では採算が会いません。

ホームページに「ブログ」があるかどうか?

大抵の場合、ホームページはプロの業者が制作してます。したがってホームページを見ただけでは、スタッフの声が伝わって来ません。 ブログについては、どの業者さんも基本的にスタッフの方が実際の体験を元に書いておりますので、スタッフの仕事に対する考え方や能力を知る上の一つの判断材料になります。 良い業者を見つける上で、ブログはとても重要なポイントです!

実績の好評は本当か?

ホームページに「年間実績300件」や「年間実績3,000件」と公表している場合でも遺品整理の作業実例が多く公開されていなければ、本当にそんな多くの作業実績がある業者なのか?と不安や不信感を抱く方も多いことでしょう。 そのため、作業の実例を多く画像公開しているホームページを選択しましょう。 例えば「年間実績3,000件」なら、1日に8件以上の作業実績あることになり、一般的に考えて非現実的な実績となります。 因みに業界大手のTV、マスコミに取り上げられている会社でも1年間で1.200件程の作業実績です。

古物商の許認可番号のない業者には要注意です。

遺品整理業者であれば古物商の許認可は必要です。なぜならリサイクル品の買取を行うからです。しかしホームページに「古物商許認可番号」の記載が無い業者も存在します。このようなケースでは、以下の事情が考えられます。 ・許可を得ず、違法に業務を行っている。 ・業務そのものを完全に外注や委託をしている。 ホームページの「会社概要」や「運営会社」等にされていない場合は、その会社自体では遺品整理業務を行っていないケースが考えられます。

設立・営業年数は一つの目安になります。

遺品整理という業種自体は新しく、老舗と言える企業はありませんが、設立から3年以上経っていれば、ある程度の目安になります。遺品整理の業界では健全化を はかることを目的に、2011年に「遺品整理士」という民間の認定資格もできました。業者を選ぶ際は、「遺品整理士」の資格を持ったスタッフがいるかどう かもチェックしておきましょう。
a0002_004890_m

【メールでのお問い合わせはコチラから】

sunaga@e-bright.jp